動作環境の確認

弊社システムをサーバーに設置して動作させるには、必須バージョン以降のPHPとデータベースがサーバーにインストールされている必要があります。
設置予定のサーバーの機能を必ずご確認ください。

WEBサーバ

  • Apache

PHP

  • PHP バージョン5.4以降(※PHP7.xには非対応)
    ※パッケージにより異なる場合があります。詳細は各パッケージサイトでご確認下さい。

PHPライブラリ

※明示的に指定し除外しない限り、PHPが標準サポートする関数は使える環境である前提となります。

以下のライブラリは必須です。
多くのサーバーでは標準でサポートされていますが、まれに使用不可能な環境がありますので事前に確認をお願いします。

  • mbstring
  • pdo
  • sqlite
  • mysql
  • gd(要gifサポート)

また、パッケージによっては次のライブラリが必要になることがあります。

  • pear
  • OpenSSL
  • curl
  • json

セーフモード(safe_mode)

セーフモードはPHPのセキュリティ機能の1つですが、PHP5.3の時点で非推奨の機能となっており、PHP5.4では正式に廃止されました。

セーフモードが有効な環境では、システムの一部機能を正常に動作させることができません。
設置予定のサーバーでsafe_modeが有効になっていないか、有効である場合は無効に切り替えることができるかを必ずご確認ください。

データベース

  • MySQL バージョン5.0以降
  • SQLite

※上記以外のデータベースへの対応は受け付けておりません。

その他の確認項目

SSL*1

レンタルサーバーによっては独自ドメインへのSSL設定に対応していない場合があります。
SSLを利用したサイトを構築される場合は必ずサーバーの機能をご確認ください。

CRON*2

弊社製品の中には動作のためにCRONの設定を必要とするものがあります。
詳細は各製品サイトの動作環境のページでご確認ください。

htaccess*3

URLの静的化など特殊な調整を行う場合に必要となります。
システムをそのまま稼動させるだけであれば必須ではありません。


*1 通信を暗号化してサイトの利用者を盗聴攻撃から保護する仕組み。運営者の実在をSSL認証局が保証することで利用者から信頼を得る意味もある。セキュアなサイト構築には必須。
*2 webサーバー上でプログラムの実行スケジュールを組む機能。例:毎日午前0時にログデータを初期化するなど。
*3 webサーバーの動作を制御する仕組み。サーバー上にファイルとして設置することで機能する。

トップ   編集 凍結 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-03 (月) 10:21:50 (532d)