テンプレート処理

flow.png

テンプレートの描画はSystemクラスのdraw○○系メソッドで制御されていますが、変更する必要性は滅多に生じないでしょう。
ここではテンプレートの検索と描画を担当するTemplateクラスの内部処理のフローを解説します。

A:
テンプレートの描画はTemplate::drawTemplateメソッドを呼び出すのが最も標準的な方法です。
実際、Systemクラスのほとんどの描画メソッドは単にこのメソッドを呼び出すことしかしていません。

B:
「アクセス中ユーザーの種類」「テンプレートの用途とその対象」の情報からテンプレートを検索します。
該当するテンプレートが見つかった場合、Templateクラスはテンプレートファイルの内容をGUIManagerクラスの構文解析メソッドに渡します。

C,D:
GUIManagerクラスは文字列中のコマンドコメント(以下CC)が記述されている箇所を対応するメソッドの呼び出し結果へと置換します。
(ベースシステムのテンプレートは完全なhtml形式で、テンプレート内にphpコードは記述できません)
CCメソッドは規定の書式に沿ってクラスとメソッドを作成するだけで追加できます。

E:
構文解析の結果を出力します。


添付ファイル: fileflow.png [詳細]

トップ   編集 凍結 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-04-22 (月) 15:01:10 (2031d)